1 東海道岡崎宿大平 藤川宿   愛知

14 km       2007/05/23

東海道へ


 

 体重が増えてしまい、少し歩くことにした。

 約10年前、全区間歩いたが、街道筋の様子の変化がよみとれればと、歩くことにした。興味を引く区間となるだろう。

 東に向かう。目標は藤川宿。13時半出発。

 岡崎宿の二十七曲がりの説明あり。柱など新しいようだ。作り直したかな。

 此処まで、自宅から、7kmほど。

 大平(おおひら)の一里塚。岡崎宿の東の外れ。

 国道1号線と平行する箇所が、整備されていた。

 大平川の水神さん。昔の大平大橋の際にある。
 水神さんの際に、馬小屋があり、馬がいた。小型の馬のようだ。奥には、大きいのがいた。

 個人の馬のようだ。

 大平川には、大平大橋が掛かっていたが、今はない。30mほど北に国道1号線の大平橋がある。
 大平大橋から、東への昔からの東海道。
 見合新町交差点。

 東海道の松並木が見え始めた。

 藤川の松並木。御油(ごゆ)の松並木より劣るが立派に残っている。
 忠臣蔵の吉良上野介の領地、吉良への道、吉良道との分岐点。
 藤川宿の西の外れに十王堂。

 閻魔王など、10人の王を祀るお堂。

 芭蕉の句碑あり。

 ここも三河むらさき麦のかきつはた はせを

 この句、どの文献に出ているのだろう。

 名鉄藤川駅から電車で帰る。

 

以    上  TOPへ戻る