1 ドイツを訪ねる   ドイツ

40km       2019/08/01

その他


 グローバル化の進むEUのドイツを、2週間、旅をしてきました。ドイツまで1日、次の日は休息。3日目から始めます。

入国手続きは、最初のEUの国、フィンランドのヘルシンキで。

 3日目 ハノーファーの町に買物に。

ハノーファー中央駅と駅前の観光バス乗り場(次の日に乗りました)。

生活用品など百貨店、個人の店で買物。
 郊外と結ぶ市電 中心部は地下鉄 改札口はなし、

検札でカバーしている、らしい。

運賃1.7Eur 検札時の罰金40Eur。
 4日目 ハノーファー観光に。

郊外のヘレンハウゼン王宮庭園へ。

1日乗り降り自由の観光バスで。18Eur。

日本の庭園と異なり、図形のような庭でした。
 結婚式がたくさんあり。日が良かった、らしい。
 5日目 童話の笛吹き男の町、ハーメルンへ。車で1時間。

ハーメルンの町並み。

ハーメルン博物館前の笛吹き男の像(ドイツではネズミ捕り男と言われてる)

道路には、笛吹き男のプレートが填められ、子供を連れ去った道を示している、そうです。 
 町の真ん中に、マルクト教会と仕掛け時計のある結婚式の家が並んでいる。

仕掛けの動く時間まで、一服。

 17:35 仕掛け時計が動いた。

実際、笛吹き男は、この町の子供らを連れ去ったらしい、とのこと。

十字軍という蛮行が終わった後の13世紀のことらしい。先進国のアラブに比べて、後進国だったドイツの話です。今は、世界最先端を行くEU、という連合国家を作っているドイツです。

日暮れは、21:00過ぎです(今は、夏時間です)。
 郊外の送電線 7万、20万ボルト位の2回線の送電線です。

単相(電線2本1組)もあり、鉄道専用の送電線、らしい。
町を離れると、畑の広がる農村地帯です。
 6日目 車でベルリンへ 300km。

高速道路で、最高時速180km 4時間。いつでも、飛行場に作れるに、まっすぐです。

高速道路の運転マナーは全然よし、危険だもんね。
 ホテルで一服の後、夕食は日本料理屋へ。

日本の品物、何でもあり。ただし、高価。

ドイツの消費税 19%。物価、賃金は、1割ぐらい高いのかな。

食事は、このほか、ご飯、唐揚げ、味噌汁、にした。
 7日目 ベルリンの壁を見に。

バス100番に乗る。1.7Eur。

バス100番、200番は、観光に便利でした。ベルリンの繁華街を東西に2ルートです。

バス乗り場と戦勝記念塔のロータリー交差点。
 2階立てバスの2階から。

国会議事堂、ブランデンブルグ門、フンボルト大学。

ナチスの映画に、よく出てくるブランデンブルグ門、初めて見る。
 2階立てバスの2階から。

ベルリン大聖堂。
 2階立てバスの2階から。

船着き場のある、シュプレー川。

バス100番の終点、アレキサンダープラッツ駅。
 アレキサンダープラッツ駅の地下鉄。

3つ目のベルナウアー通りで降りる。
 東ベルリンの壁の建っていた場所を、地面に表示。

(中)向こうが東ベルリン側の壁。棒の立つ位置が、西ベルリン側の壁。緩衝地帯を設けた、と言う。

(右)1971年当時の写真。
 ベルナウアー通りの壁記録センターの屋上から見る。

一部分だけ残してある壁、緩衝帯、監視塔。

実に、よく、保管している。

当時の西ドイツが、黙って、ものすごいお金を負担して、国民を纏めて、すでに20年以上。すごいもんです。感心します。
それに比べて、威張りかえる我が国のみすぼらしいこと、恥ずかしくなります。

EUを潰さず、頑張ってください、ドイツの国民の皆さんに。
 バス100番の始発、アレキサンダープラッツ駅から、ホテルへ帰る。

2階最前列の席に。乗る人が少なく、運がよかった。

アレキサンダープラッツ駅から東方面を見る。高架の郊外鉄道、今回は乗りませんでした。

菩提樹の並木道、Unter den Linden リンデン通り。
 ブランデンブルグ門。

バスは、門を避け、北に回り込み、東に進む。

戦勝記念塔。大きなロータリーの交差点。ホテルはこの近く。
 8日目 バス100番の終点まで行き、歩いて移動。
ベルリンの中心部を船から見て回り、ブランデンブルグ門を歩いてくぐった。

アレキサンダープラッツ駅近くのテレビ塔。

テレビ塔と、
森鴎外の舞姫の舞台となった教会、と言う。

しばらく歩いて、船乗り場に。
 シュプレー川の船乗り場 15Eur 約1時間。
 博物館の島の博物館達。

今回、博物館は入場した箇所はなかった。
 ベルリン中央駅。
 遠くの中央部に、ホテル近くの戦勝記念塔が見えた。
 旧博物館とベルリン大聖堂。

旧博物館前のバス停でバスに乗り、ブランデンブルグ門で降りる。
 菩提樹の並木道、Unter den Linden リンデン通り。

物乞いのおじさんに合いました。
 ブランデンブルグ門を歩く。 正面と裏側(旧西ベルリン側から)。
 警察のパトカー。
 アメリカ大使館。
 ユダヤ人犠牲者記念館。2771本のコンクリートのブロックが。

説明所があったが、行列が出来ていたので、見るのは止めた。

今年、大統領が、ポーランドで、ドイツのしたことを、謝っている。ドイツ国は、自分の過ちを、しっかりと認めている。

さすがに、先進国で、世界をリードする国です。ですが、日本国企業に就職したいというドイツの若者は、極めて少ない、らしい。

私の話した人は、すべて国際結婚でした。ドイツ人の国際結婚は随分と多い、らしい。ドイツに住む日本人も、国際結婚が多い、と聞こえてくる。

これからの世界における国のあり方を示しているようだ。

日本国も、東南アジアで、EUのような形が出来上がったら、どんなに素晴らしいことかな、と思う。日本国の憲法も生きることでしょう。

すでに、経済、教育の世界では、始まっている、と思っています。世界の若い世代に期待しています。

 イギリス大使館。
 9日目 ベルリン観光を終わる。

アウトシュタットを見て帰る。

アウトバーンの事故渋滞。30分程度で済んだ。片側4車線です。
 アウトシュタット。VWの工場内にある車のテーマパーク。

工業地帯という感じは受けなかった。畑の中にある工場群。

入口と建物内部 16Eur。

4時間ほど過ごすが、帰り際に、どえらい雷雨あり。足止めを食う。
 アウトシュタットの中庭に。

博物館と、各車メーカーの展示場、遊び場、ホテル、レストランあり。

日本国と同じくらいの面積に、8000万人の国。しかも、山が少ない。町も工場も年も、狭ゼマしい感じはなかった。
 博物館。

古い車 1908年フォードT型。

1937年のVW。 
 VWの展示場。最近の新しい技術の展示。

 10日目 ハノーファーにて マーケットで買物をして、学校を見て、マッシュ湖へ。
 町のマーケット。

店内のコーヒー店。

一般の公共の車駐車場。

日本の郊外型のマーケットスタイルではない。
 International School Hannover Region ハノーファーのインターナショナルスクール。

夏休み中。9月から、新学期が始まる。

子供らは、学級の仲間と、先生が変わることが、気になるらしい。
 学校近くのマッシュ湖。

ヒトラーが、失業対策で作った人造湖です。
 11日目 ハノファー近郊のマリエンブルグ城、とヒルデスハイムの教会を訪ねる。

郊外の田舎道。電柱が見当たりません。
 マリエンブルグ城。

小型の城が小高い丘に。
 城の内部。
 石垣の跡。城を囲む塀があった、と言う。
 ヒルデスハイムの教会を訪ねる。

ミヒャエリス教会。1010年頃に活動を始めていた。

1800年頃から病院としても使われた ナチスの時代、500人の人が強制収容所に送られ殺された。

空襲で焼け、1960年に再建。
 教会の内部。
 教会の周りの町並み。
 
 12日目 休息日。
 13日目 ハノーファーの西、スタインフダー湖にてウナギを食う。
 ウナギは、蒸し焼きにした物の再料理した物のようです。

日本のうな丼が、1番でした。
 生のウナギを店に持ち込む所に出くわせた。運良く、生のウナギを見ることが出来た。

太くて、大きくてグロテスクでした。
 町並みを散歩。
 14日目 ドイツを発つ。

左 ハノーファーの空港。日本人は、我1人。

右 ヘルシンキの空港 出国手続きはここで。ここでは、日本語が耳に入ってきます。隣の席にも、日本人でした。

日本到着は、15日目、朝でした。蒸し暑かった。
 

以    上  TOPへ戻る