139 神宮前駅 熱田神宮 一乃御前神社 清水社 土用殿 神楽殿 あつた蓬莱軒 丸善   愛知

8km       2017/11/24

その他


 11:20 名鉄神宮前駅。
 熱田神宮東門。

 蓬莱軒が、以前、この辺りにあったが、今は、南門に。
 熱田神宮 本殿 お参り。
 一之御前神社(いちのみさきじんじゃ) お参り。
 本殿の裏側。

 周遊道路 整備されて10年ぐらいだ、そうだ。
 清水社(しみずしゃ)

 本殿の東、御田神社の北に鎮座。御祭神は水をつかさどる神様である罔象女神(みずはのめのかみ)をお祀り。

 社殿の奥に水が湧いていることから、俗に「お清水(しみず)さま」と呼ばれ、その水で眼を洗えば眼がよくなり、肌を洗えば肌がきれいになるという信仰があります。

 景清の目を洗った、とか、楊貴妃の石塔の一部、と言う。石塔:水の中の石、だそうだ。
 大楠:幹周7. 70m、樹高20m、樹齢千年、弘法大師のお手植えとのこと。この大楠は御神木で保存樹にはなっていない。

 土用殿(どようでん):神楽殿の北に位置し、もと、草薙神剣を奉安した御殿で、旧本殿の東に相並んで鎮座していた。
 神楽殿。

 ならずの梅:西楽所の北に、高さ3mほどの梅の木があり、江戸時代模写の享禄古図(室町時代の境内)にも描かれている古木で、花は咲くが実がつかない。
 あつた蓬莱軒。

 11時半予約し、熱田神宮お参りして、12時10分から食す。

 30分を要す。満員で、帰るときも50人ほど待機中。

 3600円。20年ぶりでした。
 栄 丸善にて、5年日記を買う。 2894円。中日新聞の図書券を使う。

 左は、今年で終わり。後、5年以上生きるつもり。

 12千歩、歩く。名古屋へ出ることは、体に良い散歩です。

 1000兆円の銀行券を刷りまくった経済を見限り、これから、
若い人が負担してくれる年金のみの生活に入る、つもり。

以    上  TOPへ戻る